安いだけで部分矯正を受けるのは危険

安いだけで部分矯正を受けるのは危険

部分矯正治療を受けるという場合、歯科クリニックによって費用が異なります。


これは、矯正歯科治療が保険の適用されない歯科治療だからです。


そのため、矯正治療を受けるという場合、治療費は全額自己負担となりますので、保険の適用される治療と比べると費用負担は大きくなってしまいます。

他種類に及ぶ前歯部分矯正情報に対応した情報サイトです。

部分矯正治療を受けたいと思っている人の中には、出来るだけ安いところで治療を受けたいと思う人もいるかもしれません。確かに、部分矯正治療は本格的な矯正歯科治療と比べると治療費は安いのですが、安いということだけを理由に歯科クリニックを選ぶと、後悔する結果になる可能性もあります。



部分矯正治療では、多くの場合、前歯の数本に対する矯正治療が行われます。その為、奥歯の歯並びが乱れていることで、噛み合わせが悪くなっているという場合には、治療を受けても改善されないこともあります。

また、一人ひとりに合った方法での治療では無かった場合、治療を受けたことが歯並びに悪影響を及ぼす可能性もあるのです。
治療を受けるという場合には、矯正治療の経験や実績のある歯科医に相談をするということが大切になりますし、分からないことや不安に感じるということがある場合には、あらかじめ確認することも大切でしょう。

矯正治療後は、適切なメンテナンスを行なうことにより、後戻りを防ぐことが出来ます。

後戻りや虫歯、歯周病を防ぐためにも、最低でも1年に1回程度は歯科検診を受けるように大切になるでしょう。

@niftyニュースの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

  • 医療について思うこと

    • 矯正歯科治療では、治療後に適切な処置を行わなくては、後戻りしてしまう可能性があります。これは、部分矯正治療でも同様です。...

      detail
  • 身になる知識

    • 今までの矯正治療はどの部位を治療するのであっても全ての歯に矯正装置を付けて治療を行うことが一般的でした。ですが、前歯の一部分だけを矯正したい場合、部分矯正という治療方法で歯並びを矯正することができます。...

      detail
  • 医療について情報

    • 部分矯正は前歯の部分に4〜6個のブラケットを付けて歯並びを矯正する方法です。部分矯正は治療が短期間で済み、費用も全体矯正よりも抑えることができます。...

      detail
  • 意外な真実

    • 歯並びで人の印象は変わるもので、歯並びが悪くてコンプレックスに感じている人も多いでしょう。一般的に歯列矯正は歯の全てに矯正装置をつけて治療することが多いですが、実は前歯だけを矯正する部分矯正の方法もあります。...

      detail